日テレNEWS
社会
2011年3月28日 18:10

仮設住宅の建設始まる 宮城

仮設住宅の建設始まる 宮城
(c)NNN

 宮城県内の12か所で28日、東日本大震災で被災した人のための仮設住宅の建設が始まった。

 県は仮設住宅の第1次着工分として1100戸を建設する予定で、仙台市太白区では約100戸の建設が始まった。

 また、津波で大きな被害を受けた南三陸町では、町の外の仮設住宅に入居するための1次募集が28日に締め切られた。町は隣の登米市などに仮設住宅を建設し、集団避難をすることを決めている。町によると、全世帯分の仮設住宅が完成するまで最大で半年以上かかるという。