日テレNEWS
社会
2011年4月8日 6:24

政府とボランティア団体が意見交換

政府とボランティア団体が意見交換
(c)NNN

 東日本大震災の支援について、ボランティア団体と政府の間で連携を図るための意見交換会が7日、初めて開かれた。

 全国の329の民間ボランティア団体が集まる「東日本大震災支援全国ネットワーク」と各省庁は7日、被災地の支援について初めて意見交換を行った。

 辻元清美首相補佐官(災害ボランティア担当)「官民一緒になって震災を乗り切っていこうと。キャッチボールをしながら、一緒に頑張っていきたいと思います」

 ボランティア団体側は「いまだに一日2食しか食事を出せない避難所がある」「支援金の受け取りに必要な罹災(りさい)証明の基準が全く伝わってない」など、政府や自治体とのコミュニケーション不足による問題点を指摘した。

 今後も2週間に一度、こうした意見交換を行うという。