日テレNEWS
社会
2011年4月29日 1:03

福島第一作業員被ばく線量、5年間の線量に

 厚労省は28日、福島第一原子力発電所で緊急作業にあたる作業員について、被ばく線量の上限を年間で決められた50ミリシーベルトではなく、5年間の線量で管理するという特例措置を発表した。

 労働安全衛生法に基づく規制では、作業員の被ばく線量の上限を1年間で50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルトとしている。今回、福島第一原発には全国から作業員が集まっているが、年間の被ばく限度を超えて働くことができない作業員が増えると、全国の原発で人員が不足することが予測されている。このため、厚労省は今回、福島第一原発で作業した人に限り、年間50ミリシーベルトの被ばく限度を超えても他の原発での通常作業を認めることを決めた。ただし、5年間の上限を100ミリシーベルトとする規制は維持する。

 この規制とは別に、福島第一原発で緊急作業にあたっている人については、線量の積算の上限を250ミリシーベルトとしている。