日テレNEWS
社会
2011年5月3日 15:20

砂と水の感触を楽しむ…はだしマラソン大会

砂と水の感触を楽しむ…はだしマラソン大会
(c)NNN

 高知・黒潮町で3日、砂浜をはだしで走る「大方シーサイドはだしマラソン全国大会」が開かれた。

 このマラソン大会はゴールデンウイーク恒例のイベントで、今年で26回目を迎えた。大会は4キロと6キロの2コースで行われ、県内外から過去最多の749人が参加した。レースは3日午前10時半に始まり、4キロの部には親子や夫婦のペアで走る部門もあり、仲良く手をつないで走る姿も見られた。

 参加者は軟らかい砂と冷たい水の感触を楽しみながら、思い思いのペースで砂浜を走りきり、心地よい汗を流していた。