日テレNEWS
社会
2011年5月4日 13:36

大阪ステーションシティが全面開業

大阪ステーションシティが全面開業
(c)NNN

 西日本最大の駅であるJR大阪駅に直結する「大阪ステーションシティ」が4日に全面開業し、朝から多くの人でにぎわっている。

 JR大阪駅と南北に直結するビルからなる大阪ステーションシティは4日、「JR大阪三越伊勢丹」などが入るノースゲートビルディングが通常より45分早い午前9時15分にオープンした。朝から大勢の買い物客が詰め掛けていて、入場が制限されている。

 JR大阪駅の南側に直結する「大丸」梅田店は先月にリニューアルオープンしていて、4日のJR大阪三越伊勢丹の開業で梅田地区は百貨店が4店舗となり、日本有数の激戦区となる。

 「JR西日本」によると、今回の大規模改装によって一日の利用客は5万人増え、約90万人が見込まれるという。