日テレNEWS
社会
2011年5月4日 20:24

Uターンラッシュピーク、東名道で57キロ

 ゴールデンウイーク後半の4日、高速道路ではUターンラッシュがピークを迎えている。日本道路交通情報センターによると、午後8時現在、東名高速道路上り・大和トンネル付近を先頭に57キロ、名神高速道路上り・関ヶ原IC付近を先頭に55キロ、関越自動車道上り・鶴ヶ島IC付近を先頭に43キロの渋滞となっている。

 上りの混雑は4日夜遅くにかけて続く見込み。

 5日もUターンラッシュは続く見込みで、特に夕方から夜にかけて激しい混雑が予想されている。