日テレNEWS
社会
2011年5月13日 15:59

3市町村でも茶葉から基準超えるセシウム

3市町村でも茶葉から基準超えるセシウム
(c)NNN

 小田原市など神奈川県の3つの市町村で、新たに茶葉から国の暫定規制値(一キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたことがわかった。

 県によると、南足柄市で採取した茶葉から11日に放射性セシウムが検出されたことを受けて、他の自治体でも検査を実施した。この結果、11日に採取した茶葉から、小田原市で一キログラム当たり780ベクレル、愛川町で同670ベクレル、清川村で同740ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。

 県はこれらの市町村に対し、当分の間、茶葉の出荷を自粛するよう要請している。