日テレNEWS
社会
2011年5月30日 10:55

仙台で114ミリ、平年の1か月雨量を記録

仙台で114ミリ、平年の1か月雨量を記録
(c)NNN

 台風2号から変わった温帯低気圧の影響で、宮城県では沿岸部を中心に大雨、洪水、暴風、波浪警報が出されている。仙台管区気象台によると、30日午前9時までの24時間雨量は仙台市で114.5ミリ、石巻市雄勝で83.5ミリなどを記録した。これは、平年の5月の1か月雨量を一日で記録したことになる。

 仙台市内では30日午前7時頃から雨が強くなり、市内各地で道路などが冠水して車が浸水する被害も出ている。この大雨のため、JRは東北本線、仙石線、常磐線、仙山線で運転見合わせとなっているが、東北新幹線は平常通り運転されている。

 また、地震で地盤が沈下した石巻市渡波地区では、普段から満潮になると住宅周辺が浸水する被害が出ており、住民は震災以来の大雨に不安な表情を見せていた。

 30日は、昼過ぎには満潮になり、被害が心配される。また、昼過ぎまで強い雨と風が予想されていて、今後も厳重な警戒が必要となっている。