日テレNEWS
社会
2011年6月15日 17:47

塩害に強い稲の品種探る栽培試験開始 仙台

塩害に強い稲の品種探る栽培試験開始 仙台
(c)NNN

 東日本大震災で津波被害に遭った仙台市の水田で、塩害に強い稲の品種を探る栽培試験が始まり、コシヒカリなど32品種が15日、植えられた。

 海水につかった水田が震災前の状態に戻るには3年かかるとみられるためで、生育状況を観察し、塩害に強い品種を見極める。9月下旬に刈り取られた後、収量や品質などが分析されるという。