日テレNEWS
社会
2011年6月16日 10:50

九州で激しい雨 熊本~川内で運転見合わせ

九州で激しい雨 熊本~川内で運転見合わせ
(c)NNN

 活発な梅雨前線の影響で、九州では非常に激しい雨が降っており、土砂災害などに厳重な警戒が必要となっている。

 熊本県内では南部を中心に断続的に雨が降っていて、16日午前10時現在、全域に大雨洪水警報が出されている。16日夕方にかけて雷を伴う非常に激しい雨が降るおそれがあり、多い所で一時間に70ミリの雨量が予想されている。

 交通機関にも影響が出ている。九州新幹線は熊本~鹿児島・川内が16日朝から上下線とも運転を見合わせている。

 降り始めからの雨量が150ミリを超えている所もあり、地盤が緩んでいるため、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要。

 また、西日本と東日本では、17日にかけても雨が続くとみられる。九州の南部や四国では所々で雨が強まっていて、この後も西日本では局地的に激しい雨が降り、東日本でも雨の所が多くなる見込み。

 17日朝までに予想される雨量は、九州北部で250ミリ、九州南部で180ミリ、四国・近畿で150ミリ、東海で120ミリとなっている。