日テレNEWS
社会
2011年6月16日 17:58

原発停止求め、弁護団が秋にも一斉提訴へ

原発停止求め、弁護団が秋にも一斉提訴へ
(c)NNN

 福島第一原子力発電所の事故を受け、弁護士らが16日、国や電力会社に対して原発の運転停止などを求める裁判を全国で一斉に起こすことを明らかにした。

 弁護士らは、来月16日に全国の弁護士約50人で弁護団を結成し、今年秋にも全国で一斉に裁判を起こすという。原発の危険性を訴えた上で、地震が多発する日本では原子力発電をしてはいけないと主張し、国や電力会社に原発の運転停止などを求めるという。

 原発の安全性をめぐり、全国的な弁護団が結成されるのは初めて。