日テレNEWS
社会
2011年6月29日 13:32

自然とマナーよく…JR山手線に新シート

自然とマナーよく…JR山手線に新シート
(c)NNN

 「JR東日本」は、乗客が自然とマナーよく座れる座席を開発し、29日から山手線の一部で試験的に導入した。

 この座席は、JR東日本が約1年半かけて開発したもので、29日から山手線の一部の車両で試験的に導入された。膝を広げないように、座席の両側を突起させている他、深く腰掛けられるように、座席の奥にいくにつれてへこませるなどの工夫が施されている。座り方のマナーが悪く、周りに迷惑をかける乗客が減るだけでなく、人が立つスペースも広がるため、混雑が少なくなることも期待されている。

 JR東日本は、乗客の反応などを見て本格的に導入するか検討するという。