日テレNEWS
社会
2011年6月29日 13:44

尖閣沖の接続水域の台湾漁船、引き返す

尖閣沖の接続水域の台湾漁船、引き返す
(c)NNN

 29日朝、沖縄・尖閣諸島の沖合に領有権を主張する台湾の活動家が乗る漁船が現れたが、29日昼前、台湾の方向に引き返し始めたという。

 29日午前7時前、台湾の漁船が尖閣諸島沖の領海のすぐ外側の接続水域に入り、魚釣島の方向に向かっているのを海上保安庁の巡視船が見つけた。巡視船が警告すると、漁船は針路を変え、魚釣島の西約33キロ付近で停船したという。

 漁船には、尖閣諸島の領有権を主張する台湾の活動家ら少なくとも5人が乗っており、巡視船が警戒を続けていたが、29日午前11時過ぎ、台湾方向へ航行を始め、接続水域を出たという。