日テレNEWS
社会
2011年6月30日 22:58

金星探査機、9月にエンジン試験噴射実施へ

 去年12月に金星の軌道への投入に失敗した金星探査機「あかつき」について、JAXA(=宇宙航空研究開発機構)は、4年後の再挑戦に向けて、今年9月に試験的にエンジンの噴射を行うことを決めた。

 去年12月の投入では、燃料タンクの弁に不具合が生じ、エンジンの逆噴射が中断されたために金星の軌道に乗れなかった可能性が高いことが明らかになっている。JAXAはさらに、弁に不具合が生じた原因について、弁の中で燃料と酸化剤が反応して塩の結晶ができたため、弁の動きが鈍くなった可能性が高いとの見方を明らかにした。

 エンジンの噴射口が破損している可能性が高いため、JAXAは今年9月にエンジンのテスト噴射を行い、あかつきが再び金星の軌道に近づく15年11月に、軌道への投入を再度試みたいとしている。