日テレNEWS
社会
2011年7月9日 4:11

玄海原発めぐり県民説明会、厳しい声相次ぐ

玄海原発めぐり県民説明会、厳しい声相次ぐ
(c)NNN

 玄海原子力発電所(佐賀・玄海町)の安全性について、佐賀県が主催する県民への説明会が8日夜、佐賀・多久市で開かれた。参加した県民からは厳しい意見が相次いだ。

 説明会は、先月に国が開いた説明会が「わかりにくい」などの声が多かったことから、佐賀県が主催してあらためて開いたもの。説明会では、経産省の原子力安全・保安院の担当者が玄海原発の耐震性や緊急安全対策の内容を説明し、運転再開に安全上支障がないことをあらためて強調した。会場からは、新たに示された「ストレステスト」など政府の対応への不満や、原発の再稼働について、激しい意見が出された。

 説明会にも参加した佐賀・古川県知事は、玄海原発の安全性については問題はないとの見解をあらためて示したが、運転再開については国が出す方針を踏まえた上で県の考えをまとめたいとしている。