日テレNEWS
社会
2011年7月17日 1:25

福島・浅川町の汚染牛 31都道府県に流通

福島・浅川町の汚染牛 31都道府県に流通
(c)NNN

 福島・浅川町の農家が出荷した牛の肉から国の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された問題で、出荷された肉は北海道から九州まで少なくとも31の都道府県で流通していたことがわかった。

 政府は、福島県内の肉牛から基準を超える放射性セシウムが相次いで検出されたことを受け、福島県全域で肉牛の出荷を停止する方向で検討を始めている。

 出荷が確認された都道府県は以下の通り。

 北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、新潟県、福島県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、長野県、岐阜県、福井県、石川県、静岡県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県