日テレNEWS
社会
2011年7月22日 21:43

玄海原発耐震データに誤り、再稼働に遅れも

玄海原発耐震データに誤り、再稼働に遅れも
(c)NNN

 玄海原子力発電所(佐賀・玄海町)の耐震安全性の評価に使われたデータの一部に誤りがあったことがわかった。これにより、全国の原発の再稼働に遅れが出る可能性が出てきた。

 玄海原発3号機の耐震安全性に関するデータの誤りは、解析を請け負っていた「大林組」が入力するデータを間違えたのが原因。誤差が小さかったことから、施設全体の耐震性の評価に影響はほとんどなかった。

 しかし、これを受け、経産省の原子力安全・保安院は、全国の電力会社などに対し、間違いをチェックする体制が取れているのかなどを、来月22日までに報告することを求めた。

 この作業が終わらないと、原発の安全性を確認する「ストレステスト」の1次評価を始められないため、全国の原発の再稼働に遅れが出る可能性がある。