日テレNEWS
社会
2011年7月27日 2:44

養殖カキの沖出し作業始まる 宮城・石巻市

養殖カキの沖出し作業始まる 宮城・石巻市
(c)NNN

 宮城・石巻市で今週から、東日本大震災を乗り越えた養殖カキを沖合で成長させる「沖出し」の作業が始まった。

 養殖カキの沖出しは、去年夏に波の穏やかな湾の奥で種付けしたカキの稚貝を、エサが豊富な沖に移動させて大きく育てる作業。石巻市渡波にある養殖カキの漁場では、台風などの影響で、例年より約半月遅れて、今週から沖出し作業が始まった。

 石巻市のカキは、万石浦湾の奥で育てられていたため、津波でもほとんど流されることはなかった。漁師らはボランティアの手を借りながら、震災で生き残ったカキを一つ一つ丁寧につるした。

 この沖出し作業は今週いっぱい行われ、成長したカキは9月末頃に全国に向けて出荷されるという。