日テレNEWS
社会
2011年7月30日 4:34

厚労省、牛の検査基準通知 簡易検査を優先

厚労省、牛の検査基準通知 簡易検査を優先
(c)NNN

 放射性セシウムに汚染された稲わらが牛に与えられていた問題で、厚労省は29日、検査の迅速化や効率化のため、簡易検査も含めた検査基準について各都道府県に通知した。

 牛肉の安全性への信頼を保つために、各自治体は全頭検査や全戸検査を独自に行う方針を明らかにしている。しかし、精密検査のための機器が不足していることなどから、効率よく検査するため、厚労省は29日、新たな検査基準を各都道府県に通知した。

 新基準では、まず簡易検査を行い、国の暫定規制値の半分(250ベクレル)を超えた際にはこれまでと同様の精密検査が必要としている。