日テレNEWS
社会
2011年7月31日 13:17

福島で震度5強、3県で7人がケガ

福島で震度5強、3県で7人がケガ
(c)NNN

 31日早朝、福島県沖を震源とする強い地震があり、福島・楢葉町などで震度5強の揺れを観測した。福島、宮城、茨城の3県では、転倒するなどして計7人がケガをした。

 気象庁によると、31日午前3時53分頃の地震で、楢葉町と福島・川内村で震度5強を記録した。震源は福島県沖で、地震の規模を示すマグニチュードは6.5と推定された。この地震は、東日本大震災の余震だという。

 また、運転停止中の福島第二原子力発電所4号機で、地震の後、排気ダクトからの空気漏れが見つかったが、「東京電力」では、問題はないとしている。