日テレNEWS
社会
2011年8月5日 11:00

iPS細胞から作った精子でマウス誕生

iPS細胞から作った精子でマウス誕生
(c)NNN

 京都大学の研究チームが、体のあらゆる組織に変化するiPS細胞から精子を作り出し、卵子と体外受精させてマウスの子供を誕生させることに、世界で初めて成功した。

 研究に成功したのは、京都大学大学院医学研究科・斎藤通紀教授らのチーム。斎藤教授によると、オスのマウスの体の組織から作ったiPS細胞から、精子のもとになる「始原生殖細胞」を作り出し、この細胞を生殖能力を持たないオスの精巣に移植したところ、精子ができたという。さらに、この精子を卵子と体外受精させたところ、正常なマウスの子供が生まれ、これらのマウスから孫も生まれた。iPS細胞から精子を作り出し、その精子を使って生命を誕生させたのは世界で初めて。

 ヒトへの応用は倫理的な課題も残るが、不妊症のメカニズムの解明などに役立つことが期待されている。