日テレNEWS
社会
2011年8月27日 20:31

大阪市で豪雨 観測史上最大の雨量を記録

大阪市で豪雨 観測史上最大の雨量を記録
(c)NNN

 27日、近畿地方は湿った空気が流れ込んだ影響で大気の状態が不安定となり、大阪市では午後4時頃までの1時間に77.5ミリの激しい雨が降った。これは観測史上最大の雨量で、各地で排水溝から水があふれ出るなど冠水が起きている。

 また、大阪・羽曳野市では、川の中州に男児3人が一時取り残されたが、消防隊員に無事救出された。

 雨は大阪府や兵庫県を中心に27日午後9時頃まで降る見通しで、家屋への浸水や土砂災害などに警戒が必要となっている。