日テレNEWS
社会
2011年9月8日 12:45

柏崎刈羽原発、9日からストレステスト

柏崎刈羽原発、9日からストレステスト
(c)NNN

 「東京電力」は8日、先月から定期点検に入った新潟県の柏崎刈羽原子力発電所の1号機と7号機で、設備の安全性にどのくらい余裕があるかを調べる「ストレステスト」の1次評価を、9日から始めると発表した。

 ストレステストの1次評価は定期検査中の原発が対象となり、安全上、重要な設備が想定を超える地震や津波に対してどの程度の余裕があるかを調べる。

 ストレステストをめぐっては、今年6月、当時の海江田経産相が佐賀県の原発に対して「安全宣言」を行った後、当時の菅首相が原発の安全性を確認するための手段として示していたが、新潟・泉田県知事らからは「順序が逆だ」などと批判が上がっていた。