日テレNEWS
社会
2011年9月9日 2:44

“福島応援ショップ”風評で出店中止 福岡

“福島応援ショップ”風評で出店中止 福岡
(c)NNN

 福岡市で、福島第一原子力発電所の事故の前に収穫された福島県の農産物加工品を販売する予定だった「応援ショップ」が、風評によって出店中止となった。

 出店中止を決めた「ふくしま応援ショップ」は、福岡市西区のマリノアシティ福岡内にある農産物直売所「九州のムラ市場」に、17日に開店する予定だった。出店を計画していた福岡市の市民グループ「ふくしまショッププロジェクト」によると、「福島のトラックは、放射性物質をあちこちにばらまいてくる」といったメールなどが寄せられ、出店を中止したという。

 ふくしまショッププロジェクト・吉田登志夫さん「あらためて風評被害の恐ろしさ、深さを感じています」

 ふくしまショッププロジェクトは今後、新たな出店先を探すことにしている。