日テレNEWS
社会
2011年9月14日 15:33

脱北者9人、長崎の入管施設に向け出発

脱北者9人、長崎の入管施設に向け出発
(c)NNN

 石川・能登半島沖で13日に救助された男女9人について、政府は14日、北朝鮮からの脱出者と断定した。9人は14日午後、長崎・大村市にある入国管理局の関連施設に向けて出発した。

 能登半島沖で小型の木造船に乗っているのを救助されたのは、北朝鮮から来たという子供3人を含む男女計9人。政府は14日、本人たちが持っていた書類から、北朝鮮からの脱出者と断定した。

 9人は海上保安庁の巡視船に移され、金沢港の沖合に停泊していた船の中で日本に来た経緯などについて事情を聴かれた後、仮の上陸が認められ、14日午後、ヘリコプターで小松空港に移動した。その後、航空機に乗り換え、14日午後1時55分、大村市にある入国管理局の関連施設に向けて出発した。

 9人は韓国に行くことを希望しているということで、過去の同様のケースから、あらためて事情聴取を受けた上で、韓国に引き渡される可能性が高いとみられている。