日テレNEWS
社会
2011年10月8日 19:55

福島第一原発1号機 配管から水素を抜く

福島第一原発1号機 配管から水素を抜く
(c)NNN

 8日午後、福島第一原子力発電所の1号機で、爆発のおそれがある高濃度の水素がたまっていた配管から水素を抜く作業が行われた。配管に窒素を送り込んで水素を押し出す方法で、濃度は63%から、一度は1%未満に下がった。しかし、その後再び上昇したということで、「東京電力」では、さらに窒素を送り込んで経過を観察するという。