日テレNEWS
社会
2011年10月27日 13:28

警察庁の掌紋自動識別システムに不具合

警察庁の掌紋自動識別システムに不具合
(c)NNN

 採取した掌紋をコンピューターで照合する警察庁の自動識別システムに、07年から不具合があったことがわかった。手のひらの模様である掌紋は、指紋と同じように犯罪捜査に使われている。

 警察庁によると、犯罪現場から採取した掌紋とデータベース化してある掌紋とを照会する際に、一部で正確に行われなかった可能性があるという。ただ、最終的には専門の職員が目で確認しているので誤認逮捕はないとしている。