日テレNEWS
社会
2011年11月3日 10:58

世田谷で高線量新たに15か所 対応を協議

世田谷で高線量新たに15か所 対応を協議
(c)NNN

 東京・世田谷区のスーパーの敷地から放射性ラジウムが見つかった問題で、2日、放射線量の高い箇所が新たに15か所見つかり、現場では3日朝から対応を協議している。

 2日は、地中に埋まっていた瓶が撤去され、文科省は瓶の中に入っていた物質が放射性ラジウムで、これが放射線源であると断定した。さらに、この場所以外にも、新たに敷地内外の15か所で一時間あたり最大12マイクロシーベルトの高い放射線量が検出された。これを受けて、現場のスーパーでは3日朝から、世田谷区やスーパーの関係者が集まり、作業の進め方について協議している。

 文科省などは、新たに見つかった15か所についても順次、土を掘り起こして放射線源を特定し、撤去する方針で、作業は長期化する見通し。