日テレNEWS
社会
2011年11月6日 16:07

初の3階建て仮設住宅、入居始まる 宮城

初の3階建て仮設住宅、入居始まる 宮城
(c)NNN

 東日本大震災で大きな被害が出た宮城・女川町で、全国初の3階建ての仮設住宅が完成し、6日から入居が始まった。

 女川町は、高台の平らな土地が少ないため、貨物用のコンテナを積み重ね、3階建ての仮設住宅を建設した。町役場では、6日午前7時から入居者に仮設住宅の鍵が手渡された。その後、入居者は早速、仮設住宅を訪れ、入居の準備を進めていた。

 宮城県内で計画された仮設住宅の建設はこれが最後となり、女川町では9日に全ての避難所が閉鎖される。