日テレNEWS
社会
2011年12月22日 22:18

安価の放射線測定器、低線量測定には不適切

安価の放射線測定器、低線量測定には不適切
(c)NNN

 比較的安い価格の放射線測定器について、国民生活センターは22日、食品の放射線量が暫定規制値を下回るかどうかや、放射線量の低い環境での測定はできないとして注意を呼びかけた。

 国民生活センターに寄せられた放射線測定器に関する相談は、東日本大震災が発生した3月11日から先月末までに680件に上り、「通信販売で購入したが、2か月で壊れた」といった悪質なケースもあったという。

 また、インターネットで販売されている約2万円から約6万円の日本製やロシア製などの5つの放射線測定器の性能をテストしたところ、国の基準を満たした測定器に比べて、通常の環境下では高い値を示した。国民生活センターは、比較的安い測定器では、食品などの放射線量が暫定規制値を下回るかどうかや、放射線量の低い環境での測定はできないとして、国や自治体が公表するデータを参考にするよう呼びかけている。