日テレNEWS
社会
2012年1月1日 23:59

海上保安庁、領海警備強化へ

 海上保安庁は現在、日本の領海警備を強化するための法改正に向けた取り組みを進めている。しかし、沖縄・尖閣諸島沖で領土主権を主張する漁業監視船の対応などについては課題が残されている。

 10年に尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件をきっかけに、海上保安庁では、現場での判断が難しく、明確でなかった、外国漁船や不審船などに対する海上での警察権のあり方について見直しを行ってきた。

 海上保安庁によると、今までは、日本の領海内に侵入した外国の不審船などに対しては、立ち入り検査を行い、事実確認することが必要とされていたが、海がしけている場合などは現場での対応が難しい実情があった。これを、勧告に従わない船には立ち入り検査を行わずに退去命令を出せるようにする。また、尖閣諸島などの離島の「陸上」で起きた犯罪に対しては、海上保安官には司法警察権がないため、捜査ができなかったが、警察官がたどり着くまでの間、一時的に捜査活動ができるように海上保安庁法を改めるという。これらの法改正案は、1月から始まる通常国会で提出される。

 しかし、課題として残るのは、外国の漁業監視船や海洋調査船などの公船についての対応。11年8月には、尖閣諸島・久場島沖の日本の領海内に「魚釣島周辺は中国固有の領土である」と主張する中国の漁業監視船2隻が侵入する事案が発生した。公船については、国際海洋法条約などでは、「動く他国の領土」として治外法権が認められているため、立ち入り検査など強制的な対応は取れないのが現状となっている。本当の意味での領海警備を強化するためには、海上保安庁は「政府全体での議論や外交努力が必要だ」としている。