日テレNEWS
社会
2012年1月21日 15:34

浪江町の石使用か 福島市新築住宅で高線量

浪江町の石使用か 福島市新築住宅で高線量
(c)NNN

 福島第一原子力発電所事故の計画的避難区域にある福島・浪江町の砕石場の石が各地の工事に使われていた問題で、福島市の新築住宅でも石が使われていた可能性があるとして、県などが20日に再調査した。その結果、室内などで周辺よりも高い放射線量が確認されたという。

 県などによると、問題の石が使われた新築住宅では、住宅周辺の空間線量が一時間当たり0.5マイクロシーベルトに対し、室内では床から1メートルの高さで最も高い場所一時間当たり0.83マイクロシーベルトだった。また、床下のコンクリート部分でも最高で一時間当たり1.95マイクロシーベルトと、周辺よりも線量が高かった。

 県は今後、国と対応を検討する他、問題の石を使った可能性のある家について全て線量を調べるという。