日テレNEWS
社会
2012年1月24日 8:20

東京都心で積雪 首都圏の鉄道などに影響

東京都心で積雪 首都圏の鉄道などに影響
(c)NNN

 東京都心で23日夜、先週末に続いて雪が降り、この冬初めて積雪を観測した。24日午前、交通機関の一部でこの雪の影響が出ている。

 関東では、23日午後から雨が降り始め、夜には南部を中心に雪になった。東京都心では、23日午後9時頃から雨が雪へと変わり、今シーズン初めて雪が積もった。気象庁のある東京・大手町では、23日午後11時に4センチの積雪を観測した。積雪が4センチ以上になるのは、06年以来、6年ぶり。

 また、この雪のため、一部の交通機関に影響が出ている。

 JR各社によると、24日午前7時半現在、武蔵野線の西船橋~府中本町、中央本線の大月~高尾、東金線の成東~大網などが運転見合わせとなっている。また、京浜東北線は9割で運行しているという。その他、東海道新幹線など一部の列車に遅れが出ている。その他のJR各線はほぼ通常通り運行している。

 また、小田急電鉄などでも一部の列車に遅れが出ているが、首都圏の地下鉄や私鉄各線はほぼ通常運行となっている。

 高速道路は24日午前6時半現在、首都高速道路の三郷線下り線・八潮南IC出入り口~三郷JCTや、さいたま新都心線の上下全線などで通行止めとなっている。