×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

高放射線量の空き地で本格除染 千葉・柏市

2012年3月7日 0:03

 去年10月、千葉・柏市の空き地となっている市有地で高い放射線量が測定された問題で、土壌を掘り起こすなどの本格的な除染作業が6日に始まった。

 この現場からは、土壌一キロあたり最大で放射性セシウム134と137が計27万6000ベクレルが検出されていて、福島第一原発事故で飛散した放射性物質が雨水で集約され、濃縮されたとみられている。

 6日は市職員の立ち会いの下、仮囲いを設置した後、土壌を掘り出す作業などが行われた。今回の除染作業では、汚染土壌をコンクリート容器に入れ、一時的な処置として現場地下に保管するということだが、最終的な処分方法のメドは立っていないという。