日テレNEWS
社会
2012年3月13日 0:20

新潟地滑り 11棟が全半壊、13人が避難

新潟地滑り 11棟が全半壊、13人が避難
(c)NNN

 7日に新潟・上越市で発生した地滑りは、その後も進行を続けている。これまでに民家など11棟が全半壊し、集落に到達している。

 上越市板倉区で7日、幅150メートル、長さ500メートル、高さ20メートルにわたって山が崩れた。崩れた土砂と雪は10日未明、集落に達した。地滑りによって押し出された土砂や雪は現在も、1時間に最大で約1メートル動いており、これまでに住宅4棟、作業所4棟、車庫2棟、空き家1棟の計11棟が倒壊するなど、被害は広がっている。周辺の21世帯80人には避難勧告が出され、6世帯13人が避難所で生活している。

 土砂の動きは11日夜から12日朝にかけて徐々に速度を増しており、1300個の土のうを積み上げる作業が行われた。また、土砂に含まれた水を抜き取る作業なども同時に行われている。

 上越市は、被害が拡大した場合、避難先として市営住宅を開放することも検討しているという。