日テレNEWS
社会
2012年3月27日 13:57

19道府県に除雪費を追加配分~国交省

 今年、記録的な大雪に見舞われて除雪費用が不足する自治体を支援するため、国交省は27日、追加の予算措置を行うことを発表した。

 今年の降雪状況は、過去10年で最高の06年に次ぐ記録的な大雪となっている。先月には、道路の除雪費用として22道府県に対し、交付金約101億円が配分された。

 前田国交相は27日の閣議後の会見で、その後の降雪状況をみた上で、北海道や新潟などの19道府県に対し、追加で約75億円の交付金を配分すると発表した。さらに、国交省は道路除雪費の使用状況を調査し、不足する275市町村に対しては、道路関連予算から特例措置として、過去最大規模の約105億円の補助金を交付すると発表した。