日テレNEWS
社会
2012年4月3日 16:53

全国で強風観測 交通機関に乱れ(16時)

全国で強風観測 交通機関に乱れ(16時)
(c)NNN

 3日は、低気圧が急速に発達しながら日本海を北上しているため、全国的に台風に匹敵する強い風が観測されており、午後4時現在、各地の交通機関に影響が出ている。

 北陸自動車道の富山西IC~立山ICや親不知IC~上越ICなどで通行止めとなっている他、上信越自動車道の中郷IC~上越JCTでも通行止めとなっている。さらに、本州と四国を結ぶ瀬戸中央自動車道・瀬戸大橋の児島IC~坂出IC、西瀬戸道の一部区間、神戸淡路鳴門道の一部区間、伊勢湾岸道の一部区間で、それぞれ通行止めとなっている。

 首都圏では、東京湾アクアラインの川崎浮島JCT~木更津金田ICが通行止めとなっている他、臨港道路の東京ゲートブリッジでは、車道、歩道ともに上下線で通行止めとなっている。

 国内線の空の便にも影響が出ている。「日本航空」は、羽田空港発着便を中心に219便が欠航を決め、約3万人の足に影響が出ている。また、「全日空」も275便が欠航となっており、約3万3600人に影響が出ている。なお、日本航空、全日空ともに、国際線には影響は出ていない。

 「JR西日本」によると、強風により、山陽新幹線が午後3時15分から新大阪~博多駅の上下線で運転を見合わせている。なお、運転再開は午後6時頃を見込んでいるという。