日テレNEWS
社会
2012年4月5日 22:33

千葉のタケノコなどを出荷制限 新基準で初

千葉のタケノコなどを出荷制限 新基準で初
(c)NNN

 政府は5日、千葉県の一部の地域で生産されたタケノコなどについて、出荷制限を指示した。4月からの新たな基準を受けての出荷制限は初めて。

 出荷制限が指示されたのは、千葉県の市原市と木更津市で生産されたタケノコ。千葉県では4日、市原市で収穫されたタケノコから一キログラムあたり110ベクレル、木更津市で収穫されたタケノコからは一キログラムあたり120ベクレルの、新しい基準値を超える放射性セシウムが検出されていた。

 同時に、宮城・村田町産の露地栽培の原木シイタケと福島県の酸川の支流で取れるヤマメ、阿武隈川で取れるイワナの出荷も制限された。

 食品に含まれる放射性セシウムの基準値は今月から大幅に厳しくなり、一般食品は一キログラムあたり100ベクレルとなっている。