日テレNEWS
社会
2012年4月10日 16:41

J-ALERT、沖縄で2回目の試験放送

J-ALERT、沖縄で2回目の試験放送
(c)NNN

 北朝鮮の「人工衛星」と称する事実上の弾道ミサイルの発射に備え、沖縄県内の26市町村で10日、政府からの警報を市町村の防災無線で伝えるシステム「J-ALERT(ジェイアラート)」の2回目の試験放送が行われた。

 10日の試験放送は午後1時と1時半に行われた。5日に行われた1回目の試験放送では、那覇市など7つの市町村で音声が流れないトラブルがあったが、那覇市の全域では今回、放送が確認されたという。

 また、石垣市の26の小中学校でもきちんと音声が聞こえたか受信状況の確認が行われた。今のところ、トラブルは報告されていないということで、確認作業が行われている。