日テレNEWS
社会
2012年4月16日 12:27

福島・南相馬市 警戒区域が解除される

福島・南相馬市 警戒区域が解除される
(c)NNN

 福島・南相馬市で、福島第一原発事故の警戒区域が16日午前0時に解除された。新たに3つの区域に再編され、一部を除いて立ち入りが自由になる。

 南相馬市は約4000世帯が警戒区域に指定されていたが、16日から、放射線量によって新たに3つの区域に再編された。「帰還困難区域」は自由に立ち入りできない。線量が比較的低い「居住制限区域」と「避難指示解除準備区域」は、宿泊はできないものの、立ち入りは自由になる。

 南相馬市小高区で農業を営んでいた根本滉一さんは、避難先の福島・相馬市から自宅に戻った。根本さんは「住むことはできないけど、通って早く手入れしたい。線量の高いところは除染をして、元の生活に戻したい」と話した。

 沿岸部では、電気などのライフラインが復旧していないなど、課題が山積している。