日テレNEWS
社会
2012年4月24日 10:42

新たに2羽確認 トキのひな計3羽に

新たに2羽確認 トキのひな計3羽に
(c)NNN

 新潟・佐渡市で、自然界では36年ぶりにひなが誕生したトキの巣に、23日夜に新たに2羽のひなが確認され、少なくとも計3羽のひながいることがわかった。

 23日午前9時頃に撮影された巣の映像では、親鳥から餌を与えられるひなと、別のひな2羽の灰色の頭の部分が確認できる。

 環境省によると、ひなが生まれたのはいずれも去年3月に放鳥された3歳のオスと2歳のメスのペア。22日に初めてひなの誕生が確認された。23日夜、新たに2羽のひなが巣の中にいるのを、映像を回収して分析していた環境省の職員が確認した。

 トキは通常1日おきに3~4個の卵を産むとされ、このペアは4個の卵が確認されていた。