日テレNEWS
社会
2012年5月26日 19:53

大雨の災害を想定、東京消防庁が大規模訓練

大雨の災害を想定、東京消防庁が大規模訓練
(c)NNN

 東京消防庁などは26日、台風による大雨で災害が起きたと想定した大規模な救助訓練を東京・板橋区の荒川で行った。

 道路が寸断されて被災者が孤立したことを想定した訓練では、消防ヘリコプターを使って救助隊員やチェーンソーなどの資材を運び、救助を行った。また、土砂に埋もれた民家から逃げ遅れた人を災害救助犬が見つけ出す訓練が行われた。

 東京消防庁は、訓練などを通じて集中豪雨などによる水の災害に備えていきたいとしている。