日テレNEWS
社会
2012年6月20日 21:54

岩手県など、東電に第2次損害賠償を請求

岩手県など、東電に第2次損害賠償を請求
(c)NNN

 岩手県と県内の市町村は20日、「東京電力」に放射線対策費用の第2次損害賠償として、7億8000万円余りを請求した。

 請求は岩手県庁で行われ、岩手県の加藤総務部長と、市長会会長の盛岡市・谷藤市長、町村会会長の一戸町・稲葉町長から東京電力・新妻常正理事に請求書が手渡された。請求額は、放射線対策に必要とした職員の人件費などで、県が約4億2200万円、市町村と一部事務組合などが約3億6000万円の計約7億8200万円。

 県と市町村会は、1月に第1次の損害賠償として約8900万円を東京電力に請求したが、まだ支払われていない。県からの強い求めに対し、東京電力は「大変申し訳ない」と陳謝するも「持ち帰り、なるべく早く対応したい」と答えるのにとどまった。