日テレNEWS
社会
2012年6月22日 13:04

福島・相馬沖 試験的販売に向け漁を再開

福島・相馬沖 試験的販売に向け漁を再開
(c)NNN

 福島第一原発事故の影響で漁を自粛していた福島・相馬沖で22日、試験的な販売に向け、漁が1年3か月ぶりに再開された。今月25日にも販売する予定。

 相馬双葉漁協が漁を再開したのは、放射性物質がほぼ検出されていない相馬沖の「ミズダコ」「ヤナギダコ」「ツブガイ」など3種類。22日午前1時、松川浦から6隻の漁船に漁師が乗り込み、50キロ沖の漁場に向けて出港。午後にも水揚げされ、放射性物質を検査した後、25日にも相馬市内で販売する予定。