日テレNEWS
社会
2012年6月24日 11:50

九州で大雨、長崎県でがけ崩れ相次ぐ

九州で大雨、長崎県でがけ崩れ相次ぐ
(c)NNN

 梅雨前線の影響で九州地方は23日夜から24日朝にかけて大雨となり、長崎県ではがけ崩れが相次いでいる。

 島原市では一時間の雨量が77.5ミリと非常に激しい雨を観測し、長崎市野母崎では24時間の雨量が292.5ミリとなった。

 各地でがけ崩れが相次いでいて、南島原市では民家が半壊して男性1人がケガをした。また、一部の高速道路が通行止めになっている他、JR長崎本線は線路への土砂の流入で運転を見合わせている。

 長崎市では、11世帯21人が小学校や公民館に避難している。