日テレNEWS
社会
2012年7月2日 10:37

九州で激しい雨、土砂災害などに警戒を

九州で激しい雨、土砂災害などに警戒を
(c)NNN

 九州は先週末から大雨になっていて、2日も雨が激しく降っている所がある。

 梅雨前線の活動が活発になっており、鹿児島・出水市などでは2日朝から激しい雨が降っている。熊本・湯前町横谷では2日午前8時43分までの一時間に63ミリの非常に激しい雨が降った。熊本には大雨・洪水警報が、鹿児島には大雨警報がそれぞれ発表されていて、九州では2日昼頃にかけて非常に激しい雨が降るおそれがある。

 3日朝までの予想雨量は多い所で、熊本で150ミリ、鹿児島で120ミリとなっていて、土砂災害や低い土地への浸水などに対して警戒が必要となっている。