日テレNEWS
社会
2012年7月12日 13:22

手術から一夜、三笠宮さまの容体は安定

手術から一夜、三笠宮さまの容体は安定
(c)NNN

 宮内庁によると、11日に心臓の手術を受けられた三笠宮さまは現在、麻酔から目を覚まされ、血流・脈拍・尿の量も安定しているという。

 三笠宮さまは「僧帽弁閉鎖不全」による心臓の機能の低下が進んだため、11日に弁の機能を回復させる手術を受けられた。医師団は、感染症などを併発しないよう、細心の注意を払って術後の管理を続ける方針。

 また、12日午前10時前、三笠宮さまが入院されている病院に、三笠宮妃百合子さまがお見舞いに訪れた。