日テレNEWS
社会
2012年7月14日 13:02

“脱走ペンギン”の命名式行われる

“脱走ペンギン”の命名式行われる
(c)NNN

 80日以上の逃亡生活の末に保護された、東京・葛西臨海水族園のフンボルトペンギンの命名式が14日に行われた。

 このペンギンは10日、一般からの6000通を超える応募の中から「さざなみ」と名付けられた。葛西臨海水族園では14日、命名式が行われ、抽選で招待された5人の名付け親が参加した。

 「さざなみ」という名前には、個体番号の「337番」との語呂合わせに加えて、さざなみのように葛西臨海水族園に戻ってきたという意味も込められていて、葛西臨海水族園は「元気に育ってほしい」と話している。