日テレNEWS
社会
2012年7月18日 18:03

宮崎・日之影で24時間雨量108ミリ

宮崎・日之影で24時間雨量108ミリ
(c)NNN

 台風7号は九州の西の海上を北上しており、九州では、19日明け方にかけて大雨や高波に警戒が必要。宮崎県では、日之影で18日午後4時までの24時間雨量が108.0ミリを観測するなど、雨量が100ミリを超えた所があった。また、鹿児島県では、台風の外側の雲がかかり、一時的に強い雨が降った。

 台風7号は、18日午後3時現在、九州の西の海上約400キロ離れた所を時速30キロで北に進んでいて、九州北部では、風速15メートル以上の強風域に入っている所がある。台風は今後も北上を続け、18日夜遅くには朝鮮半島付近へ進む見込み。

 九州北部では、18日夜にかけて非常に強い風が吹き、波の高さは6メートルと、大しけとなる所がありそうだ。また、19日明け方にかけて、九州南部で120ミリ、九州北部で100ミリの大雨が予想されている。暴風や高波に警戒するとともに、土砂災害にも注意が必要。