日テレNEWS
社会
2012年7月23日 15:33

オスプレイ陸揚げ 地元市民らが抗議集会

オスプレイ陸揚げ 地元市民らが抗議集会
(c)NNN

 アメリカ軍の新型輸送機「オスプレイ」を積んだ輸送船が23日朝、山口・岩国市の岩国基地に到着し、オスプレイ12機は次々と陸揚げされている。地元では、陸揚げに反対する市民らが抗議の声を強めている。

 岩国基地の港湾施設から約2キロ離れた護岸道路では、23日午後1時から緊急の抗議集会が行われている。集会の参加者は、オスプレイの陸揚げが進む岩国基地に向かって抗議の声を上げている。

 住民投票の成果を活かす会・大川清代表「オスプレイは誰が見ても欠陥機。即刻、アメリカに返品しようではありませんか」

 相次ぐ海外での墜落事故で、地元の岩国市や山口県は、安全性が確認されるまで陸揚げしないよう国に求めていたが、その声は受け入れられなかった。

 オスプレイは今後、試験飛行が行われた後、沖縄・普天間基地に配備され、10月上旬には本格的な運用が始まる計画となっている。オスプレイの運用が始まれば、本州・四国・九州など各地で低空飛行などの訓練も行われるため、今回の陸揚げ強行による反発が岩国市や沖縄県以外にも広がることが予想される。